Home  Product  Company  Contact  ACCESS 中文
 
熱流体・粉体解析ソフトウェア「R-FLOW」
「R-FLOW」の特徴
「R-FLOW」では、独自開発の動的領域分割法を採用しています。
領域分割法では、従来のモデル作成とは異なり、パーツごと(攪拌槽、攪拌翼など)にモデルを作成し、それらを組み合わせることによるモデリング方法をとっていることから、従来最も工数を要していたモデル作成の時間の大幅短縮を実現しています。 
さらに、これまで解析が困難であったバッフル付攪拌槽内の流れなど、様々な流れを数値的に解析することを可能にしています。
また、離散粒子法(DEM)による粉体解析機能など、攪拌槽解析に関する様々な専用機能が備わっています。 


 *「動的領域分割法」の適用例 *
   



 


攪拌槽や攪拌翼などパーツごとにモデル(ブロック)を作成し、それらを組み合わせた上で、ブロックごとに別々に動かすことができます。
さまざまな攪拌槽や攪拌翼がデータベース登録されています。 翼の枚数、寸法などの簡単な数値を入力するだけでモデリングを行うことができます。
 

 
「R-FLOW」の解析事例
・通気撹拌槽ガス吸収反応解析(気-液連成解析)
・FCC解析(気-固連成解析)
・燃焼解析(気-固連成解析)
・ファイナルドライブ内流動解析(MPS法)
・トリクルベッド内流動解析(MPS法)
・金属切屑洗浄解析(MPS法+DEM)
          
      
Copyright(C) 2021 R-flow Corporation Ltd. All Rights Reserved.